ホーム > 協会について > 目的・沿革・事業内容
目的・沿革・事業内容
目的
公益社団法人青森県不動産鑑定士協会は、不動産の鑑定評価制度の周知啓発、不動産の鑑定評価に関する調査等を行うことにより、本県における土地等の適正な価格の形成を図り、もって県民生活の安定向上と本県経済の健全な発展に寄与することを目的とする。
沿革
1973年(昭和48年) 東北会青森県部会 設立
2000年(平成12年) 8月8日 社団法人青森県不動産鑑定士協会 設立
2013年(平成25年) 4月1日 公益社団法人青森県不動産鑑定士協会 移行設立
事業内容
  1. 不動産の鑑定評価制度の周知啓発事業
  2. 不動産の鑑定評価に関する相談事業
  3. 不動産の鑑定評価に関する資料の収集及び提供事業
  4. 不動産の鑑定評価に関する調査事業
  5. 不動産の鑑定評価に関する研修事業
  6. 不動産の鑑定評価に関する刊行物の発行事業
  7. その他目的を達成するために必要な事業